2020年10月28日

「こんな自分」って思いが出てきたら

こんにちは(*'-'*)

カウンセリングサービスの眞田遊子です。


image





























秋が深まってきました。

関東はだいぶ長雨が続いていましたけど

今日も晴れています。

おひさまのありがたみってすごい。

なんとなく元気をもらえるような

動けるような気がします。


 


わたしは最近「こんな自分」というワード

自分は無力で価値がないっていう気持ちに

何度も出会っていました。

みなさんにもあるのではと思い

シェアしますね。


「こんな自分」

って言いたくなる時

そんな言葉が出てくる時

自分のことをダメだとか

できないとか

言いたい気持ちがありますよね。


でも出てくるシュチュエーションとして

何があるの?って見てみると

求められる場面があったり

チャレンジする機会があったり

っていうのがあるみたいです。


わたしの場合は講演させていただく機会でもありました。


こんなっていうくらいだから

小さい見積もりをしています。


自分には無理

できないよ

わかんないし

ってなんか自信がないって言いたくなってしまう。

そんなことが起きるって

誰かに愛されて

その愛の大きさに比べたら自分は小さいって感じてしまったり 

チャンスがやってきて

その大きさに比べて自分はってやってしまったりしている。


なにかいいことみたいなのがあるから

でてくるみたいです。


誰かがあなたのことを見てくれて

誰かがそこに価値を見てくれている

だから

それに対して

「こんな自分」って言いたくなる。


怖いもんね

がっかりされるかもしれないし

嫌われちゃうかもしれない


でももっと怖いのは

認められてしまうこと

愛されてしまうこと

自分が思っている「こんな自分」っていう

感覚が変わってしまうこと

なのかもしれません。


うまくいかないって泣いて

愛されないって泣いてた

のに


うまくいってしまったり

愛されてしまったりしたら

思ってるのと違うぞってなります。

それって内面的なものですけど

変化です。

大きい変化かもしれない。

もちろん外側にある現実も変化します。


だから

「こんな自分」って

言いたくなるんだなぁって深く思います。


言い訳したくなるし

正当化できるような気がしちゃう

でも

自分が「こんな自分」って言ってる時

誰かいてくれて

「そうじゃない自分」を見てくれていたりするものなんだなって。


「こんな自分」って思いで苦しんでしまう時

客観的に周りを見回してみてくださいね。


自分が思うより

認めてくれている人や

応援してくれている人

たとえ「こんな自分」だとしても

受け入れてくれている人が

必ずいて

それに反抗したい自分がいるのかもしれないです。





次にわたしが出没するのは11月8日の

みずがきひろみの心理学サロン

image












『第2章 ようこそアバンダンスの世界へ〜投影が「自分」を教えてくれる〜』



誰もが逃げられない「投影の法則」笑


この心の働きを理解するほどに

世界を優しくすることができるよ

(言い切った)


グループでワークしたりシェアする時間が

あるため聞くだけにとどまりません。

私たちと一緒に心のこと

実践的に学ぶ機会としてぜひご参加ください


心のことは本当に面白くて

以前学んだことをおさらいしても

いつも新しい気づきがあります。


それも投影の法則のせいなんですよ。

学ぶ側のわたしが

なんらか変化しているから

同じことを学んでいるのに

理解が深まったりします。


以前わからなかったことが

わかって世界がまた広がって優しくなります。


よかったらご一緒しましょうね



今日もいい日になりますように





image

みずがきひろみの心理学サロン

第2章

ようこそアバンダンスの世界へ

〜投影が「自分」を教えてくれる〜

日時:2020年11月8日 13:00~16:00

場所:ZOOM会議室

参加費:11,000円



 カウンセリングサービスオンラインイベントお申込み




 

cs_u_u15 at 09:29
メッセージ 
Blog内検索